PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
二中で若手狂言師によるワークショップ

 二中(高野秀樹校長、生徒数216人)で27日、若手狂言師によるワークショップ「大声で笑おう」が行われた。生徒たちは狂言の基礎知識を学び、実際に演技体験を通して、古典芸能の楽しさにふれた。

 ワークショップは、同校PTAの学習委員(入沢春信委員長)が生徒たちから日本古来の芸能に接してもらいたいと企画した。「万作の会」の演者としてテレビや舞台で活躍し、柏崎市内でも狂言教室の講師を務める高野和憲さんと、深田博治さんを講師に迎えた。

 2人は最初に「能、狂言の能楽は世界の文化遺産の第1号。狂言は庶民の笑いの原点。舞台セット、音響、照明もなく、役者のせりふが重要。想像の芸能ともいわれる」などと説明。狂言の一つで、ある男が今でいう盆栽をほしがり、知人に頼むのだが譲ってくれないという物語の「盆山(ぼんさん)」をこっけいに演じて見せ、ワークショップに入った。

 生徒たちはおなじみのせりふ回しの「この辺りの者でござる」から、すり足や構え、ノコギリで切る音などの擬音までに挑戦した。最初は恥ずかしそうだったものの、次第に大きな声が体育館に響いた。

(2007/ 6/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。