PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
市内の河川2団体が治水対策進展訴える

 鵜川改修事業促進対策協議会(金子錦弥会長)、鯖石川別山川下流改修促進期成同盟会(丸山敏彦会長)の2007年度総会と合同総決起集会が28日、柏崎ベルナールで開かれた。大会決議では、鵜川治水ダムの早期完成や鵜川総合内水対策緊急事業の着実な実施など4点の推進を訴えた。

 総会・総決起大会には関係町内会、団体、機関から約130人が出席。前段に開かれた総会で鵜川促進対策協の金子会長は鵜川治水ダムの完成と横山川流域の内水対策の進展を要望。鯖石川別山川期成同盟会の丸山会長も「英知を集め、予算を確保して、一日も早い水害からの脱却を」と呼びかけた。国・県への要望活動、河川や堤防でのクリーン作戦、合同視察などの事業を決定。市会議員、町内会長の交代による役員の異動を承認した。

(2007/ 6/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。