PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
酒米新品種で大吟醸原酒を限定発売へ

 市内新橋、原酒造(原吉隆社長)は、県などが大吟醸酒用に開発した酒米新品種を使った「銀の翼 越淡麗(こしたんれい)大吟醸原酒」を17日に発売する。地元でしか味わえない年1回の限定品で、初年度販売は1000本だ。

 越淡麗は県醸造試験場と県酒造組合などが15年をかけ開発した酒米。北陸地方の酒米「五百万石」の雄しべと、西日本の「山田錦」の雌花を交配。酒質は両者の長所を併せ持ち、ふくらみのある味わい、すっきりした後味が特長とされる。酒造特性で優れる半面、穂丈が高く倒伏しやすいなど、栽培には特別な配慮と技術が必要だ。

 原酒造は1995年に精米工場を新設し、全量を自家精米している。高品質の酒米を安定的に確保するため、97年から柏崎と上越で契約栽培をスタート。越淡麗も契約栽培で昨年初めて約百俵を収穫した。

 新発売の大吟醸原酒は、同社が越淡麗で仕込んだ初の商品。

(2007/ 7/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。