PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
マラソン大会で救命のチームに感謝状

 柏崎潮風マラソン実行委員会(石橋勉会長)は6日、今年の大会でゴール直前に心肺停止で倒れた市内男性ランナー(57)の救命のため、的確な初期処置とAED(自動体外式除細動器)の対応で連携プレーを発揮した「チーム鳥亭(とりてい)」の功績をたたえ、市民プラザで感謝状を贈った。

 男性ランナーは5月27日に行われた大会のハーフマラソンに参加した。一方、チーム鳥亭は居酒屋仲間のマラソン愛好グループで、今回は柏崎消防署員の小林幸弘さん、松井智宏さん、小林啓一さん=いずれも33歳=ら6人がリレーマラソンに参加した。

 ゴール直前で、男性が転倒したため、小林(幸)さんと、別の参加チームのサポーターで同署員の田辺昌敏さん(46)が心肺停止を確認し、すぐに人工呼吸、心臓マッサージ。ゴール近くにある大会本部備え付けのAEDを松井さん、小林(啓)さんが準備し、大会ドクターが作動させた。男性は1回で蘇生し、救急車で市内の病院に搬送され、2日間の検査入院を経て無事退院した。 

(2007/ 7/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。