PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
「どんGALA!祭り」63チーム参加へ

 市内外から63チーム・総勢約2100人が参加するよさこいイベント「2007どんGALA!祭り」が14・15日、市内で行われる。主催は同祭り実行委員会(高頭勉委員長、委員数約180人)。特別招待の「みちのくYOSAKOI大漁連」をはじめ、各チームが市中にエネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げる。

 よさこいは高知に起源を発し、1954年に経済振興を願って始まった祭り。92年に高知出身の北海道大生が札幌で企画し、ブームの火つけ役となった。以後、全国各地でイベントが生まれた。柏崎では過去2年の経験を踏まえ、2002年から地域活性化を目指し、規模を拡大させた。中心商店街でのイベントは6年目になる。

 参加は、柏崎・刈羽19チームのほか、県内25チーム、県外19チーム。「みちのくYOSAKOI大漁連」(宮城県)はみちのくYOSAKOIまつりのPR隊。特別参加の「上總(かずさ)組」(埼玉県)が80人、前橋(群馬県)の「だんべい協会」が約300人を数える。インターネットで踊り子を募集した「ネットでよさこい」は全国4カ所の開催で、東京など各地から参加する。

 一方、市内の鯨波地区の参加者を中心にしたリードによる「ぶっつけ本番市民踊り子隊」なども注目される。

(2007/ 7/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。