PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
市内小中学校が地震後初の登校

 市内の小・中学校が23日、中越沖地震発生後、初の登校日となった。これまで臨時休校を続けていたもので、この日は夏休み前最後の登校日。このうち、柏崎小(山本甚一校長、児童数509人)は児童たちが教職員、PTA、町内役員らに引率され、集団登校した。

 登校日となったのは、市内39校のうち、安全面などに配慮し、担任が家庭、避難所訪問する形をとった大洲小を除く38校。柏崎小は児童一人がけがをしたが、残り全員は無事であることが職員によって確認されている。23日は全校児童のうち、482人が登校した。運動場が住民の避難所になっていて場所がないため、全校集会を行わず、それぞれの学級ごとに分かれた。

 教室で児童たちは「おはようございます」と元気な声を響かせ、友だちとの再会を喜んだ。各学級担任が山本校長のメッセージを読み上げ、「怖い体験をして、心にさまざまな変化や症状が出ることは自然なことです。変化や症状を体や心にためこまないようにしましょう」と呼び掛けた。

(2007/ 7/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。