PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽の製造業再開が7割に

 柏崎刈羽では製造業の7割が操業を再開したことが、県が24日まとめた被災状況調査で分かった。主要企業は復旧に向け、急速に動き出した。

 聞き取りをした114社のうち、フル操業は22社、操業率50%以上で100%未満は39社、50%未満は19社。操業停止は33社で全体の29%。今月下旬に水道の全面復旧を目指す刈羽村では14社中、6社が操業停止を余儀なくされている。

 ブルボンは生産工程上、水の必要のない米菓商品の一部包装作業を20日に再開。順次、生産の拡大を図っている。本社事務機能も直後に回復した。全工程での生産は上下水道の復旧に合わせて進める。同社は菓子・飲料の自社製品を支援物資として避難所に届けた。

 アドバネクスは24日現在、水道がほぼ通常の状態に回復し、洗浄機も順調に稼働している。機械・設備は3工場のうち、2工場で通常の稼働状況。操業を停止していた出荷予定分の回復に努める。残る1工場は機械・設備の再配置と点検を進めている。

(2007/ 7/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。