PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
県が震災建物のアスベスト調査

 県は28日、中越沖地震による被災建物のアスベスト(石綿)現地調査を行った。日本石綿協会の平井良夫技術委員らが東・西本町、四谷地内で21棟の状況を見て回った。

 調査は、被災建物の解体工事が本格化し、工事に伴うアスベスト飛散が懸念されることから、解体業者への事前指導、住民への周知に役立てることが狙い。全半壊家屋の建材などを確かめながら、アスベスト含有の有無などを調べた。

 平井技術委員は調査を終え、「きょうの段階では、アスベスト飛散の恐れは少ないと見た」とし、「解体業者は徹底的に分別をやっており、さらにアスベストに関する知識・指導をすればきちんとした管理の仕方になる」と述べた。

 県では「外壁材などを自分で片づける時に割ったり、つぶしたりして粉々にせず、専門家に聞いてほしい」ともした。この日の調査では吹きつけの建物が1棟あり、アスベストが含まれているかどうか未確認のため早急に対応する。

(2007/ 7/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。