PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
ソフィアセンターが8月1日に一部開館

 中越沖地震発生以来、休館となっていた市立図書館・ソフィアセンターが8月1日から一部開館する。同センターは蔵書類27万冊のうち、約9割が棚から落下。県内各地の公共図書館の応援を受けながら、復旧作業を急ぎ、ようやく約2週間ぶりに開館にこぎつける。

 同センターでは1階の開架スペースで図書約10万冊の約9割が落下したのをはじめ、参考図書室、1階書庫、3階書庫の蔵書類のほとんどが落下するなどの被害に遭った。書架は接続部の損傷、緩みが見られ、大型で重量のある図書多数が損傷を受けた。ロッカーやマイクロキャビネットが転倒し、古文書の箱、写真パネルが床を埋めた。

 中村文庫の書籍のほとんどが落下。棚に保管中の「柏崎市史」(上中下3巻)約800部のほぼ全部が落下し、損傷のため多くが頒布できない状態となった。メディアホールCD棚も転倒し、多数破損した。こうした中で、金庫に入っていた貞心尼筆の「蓮の露」は難を逃れた。

 同センターでは部分的であっても1日も早い再開を目指し、利用者用の空間の機能確保、安全対策を急いだ。開館するのは開架スペース(一般図書、児童図書、新聞、雑誌など)、学習室、休憩コーナーで、参考図書室は図書利用のみ。2階はメディアホール(ビデオ、CDなど)。図書の貸し出し、返却、予約、閲覧、コピーは通常通り、レファレンスは一部限定になる。

(2007/ 7/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。