PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
刈羽村の水道が復旧

 刈羽村は31日、簡易水道を利用している油田・黒川を除き、全村で飲用の水道が復旧した。これに伴い、5カ所の避難所とプラント5わきに設置した給水所を1日午後8時で閉鎖する。

 食事配給は避難所以外の村民で引き続き必要とする場合、書面で区長に要望することを求めている。

 村では水道について90カ所以上の漏水個所を修理したが、把握できない漏水個所もあることから、水量確保のため午後7時から翌朝午前9時まで流量を絞る。漏水などで水道が利用できない世帯は、地区集会所、農村公園の利用を呼び掛けている。

 ガスは本管が一部復旧したが、各戸に供給している管の点検、修復作業を行っている。

(2007/ 8/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。