PHOTOニュース

槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)


燃え上がる「さいの神」に思いを込める住民たち=16日、市内茨目 (2022/01/17)

>>過去記事一覧
仮設住宅の853戸に入居通知

 市は8日、応急仮設住宅の入居者を決定し、853戸に入居通知を発送した。駅前ふれあい広場など6カ所・262戸が13日に最初の入居となる。

 応急仮設住宅の建築数は34カ所・912戸となった。3日までに申し込みがあった数は1229戸。入居できるのは建物被害調査で半壊以上の世帯となっており、申込者の中から一部損壊だった451戸を除いた。その上で避難勧告・避難指示が出ている75戸を加え、入居世帯853戸を決定した。申し込んだ世帯に2世代・3世代が同居しているケースが多く、1棟では家族全員が入れない場合もあるため、残りの59戸の中で調整している。

(2007/ 8/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。