PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
国県本部閉鎖に「来年の復興花火見に来て」

 中越沖地震発生直後から市役所などに現地対策本部を設置していた内閣府をはじめ国・県の多くの機関が10日、応急的な対応が終了したとして、これら対策本部を閉鎖した。

 10日朝の市対策本部会議ではそれぞれの機関が柏崎への応援メッセージを披露し、本庁での支援を約束。会田市長は「皆さんの協力に感謝し、引き続いての支援をお願いしたい。1年後に、復興した柏崎の花火をぜひ見てほしい」とあいさつし、復興花火の招待目録を記念品として手渡した。

(2007/ 8/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。