PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
ものづくりカレッジ1期生に修了証

 機械金属業界の技能者育成、レベル向上を目指す「ものづくりマイスター・カレッジ」は29日、柏崎ベルナールで閉講式を行い、中越沖地震被災の中で修了した1期生22人をたたえた。

 この講座は基盤技術の継承に向け、柏崎技術開発振興協会(松村保雄会長)が昨年9月に開講した。NC旋盤、NCフライス盤、専門知識習得の3コース。材料力学などの講義から課題加工の実技まで、新潟工科大、柏工、ニイガタメーソンネーラン、酒井鉄工所の専門教員、熟練技能者ら12人が指導した。

 閉講式では松村会長が修了証を代表に手渡し、「1期生の名に恥じない頑張りを見せた。自分の知識のレベルアップ、切磋琢磨(せっさたくま)をすることを期待したい」と述べた。最終目標とした技能検定は受講者ら12人が申請。8月が実技、9月が学科と実技ペーパー試験、10月が合格発表だ。

(2007/ 8/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。