PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
産大の社会人教育プログラムが文科省採択

 文部科学省公募の「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」で、新潟産大の産学官連携人材育成プログラムが2010年3月までの委託事業に採択された。地元の社会人が地元で学び直し、地元で就職する「人材の地産地消」。年内の試行を経てカリキュラムを練り上げ、来年5月に本講座を開設する。

 社会人の再チャレンジを支援する学び直しプログラムには、全国から315件の申請があり、126件が採択された。人文系は173件のうち66件が採択された。産大の講座は地元への就職・転職を考える社会人を対象に、地元産業界のニーズに基づき、職業意識、専門知識・技能の基盤習得を目指す。

 産大が100社から回収したアンケートでは社員採用で重視するものとして「職業人意識」「コミュニケーション能力」が挙がった。これを踏まえ、講座は就職に有利な内容を盛り込み、12月にも企業研修として試行・検討し、来年5月に開講する。受講料はテキスト代程度の実費。ニート、フリーターも受け入れる。

 講座は7カ月間。前半は約3カ月、コミュニケーション能力、パソコンやインターネットの基礎、企業人意識などを週4回程度、夜間に学ぶ。インターンシップも行う。後半では語学力、IT活用能力、会計処理、経済・経営知識の4つの分野で専門知識と技能を昼夜2コースで学ぶ。

(2007/ 9/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。