PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
市が災害復旧優先で事業を一部凍結

 会田市長は6日の記者会見で、中越沖地震の災害復旧事業を優先的に進める必要から、今年度の既決予算で予定していた事務事業の一部を凍結する方針を明らかにした。財源不足を補うため、財政調整基金の大幅な取り崩しは避けられないとの見通しも示した。

 市長は、災害復旧経費やそれに伴う地方債の増を挙げ、「このままでは市の財政運営に大きな支障をきたす懸念が出ている」と述べ、復旧費以外の歳出を抑えるとした。既決予算で未着手の今年度事業は、どうしても実施しなければならない経常事業などを除いて取りやめる。すでに執行中の事業でも、現時点で中止できるものは取りやめを検討する。

 各課での精査がこれからのため、凍結の内容は確定していないが、道路新設改良事業約4億5000万円、西山地区給水拡張工事約10億円などは次年度以降に繰り越しが見込まれるほか、ガス民営化準備事業も、今回の地震被害から、それを進める状況にはないとしている。

(2007/ 9/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。