PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
震災後の生活保護相談が23件

 市議会9月定例会は20日から、常任委員会審議に入った。初日の厚生委員会で当局は、中越沖地震後の生活保護の相談が23件あり、このうち2件が対象になったと述べた。

 今市会の補正予算案に国県支出金精算還付金として生活保護費約4900万円が計上されていることに関連し、議員が震災後の相談状況をただした。当局は「震災後、これまでに23件の相談があった。このうち、自宅やアパートの損壊で住めなくなったなど震災に直接かかわる相談が8件あり、復興支援室などとも対応した。この結果、生活保護に至ったのは2件だった」と述べた。

(2007/ 9/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。