PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
原発被災で東電が刈羽村議会に説明

 刈羽村議会は20日、全員協議会を開き、中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発の現状と今後の対応について武黒一郎・同社副社長、高橋明男・同原発所長らの説明を聞いた。

 質疑で沢田正男氏が自治体への連絡遅れ、情報発信機能の強化をただしたのに対し、高橋所長は、中越地震後に導入した衛星電話を設置していた緊急時対策室が今回の地震当初は開かなかったとし、「地震に強い対策室を造る」と述べた。池田力氏が地震による燃料プール水の飛散防止策を質問したのに対し、同所長は「大変難しい」、武黒副社長は「電力中央研究所とどういう対処ができるか考えている」と答えた。

(2007/ 9/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。