PHOTOニュース

3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)

>>過去記事一覧
オフロードフェスの実行委が義援金

 第8回かしわざきオフロードフェスティバル実行委員会(荻原達哉委員長)が25日、会田市長に中越沖地震の義援金約35万円を贈った。

 大会は今月中旬、みなとまち海浜公園付近の特設会場で開かれた。その際に、義援金として全国のファンや選手、各地のイベント実行委、協賛メーカーのチャリティーオークションの収益などが寄せられた。

 25日は荻原委員長らが持参し、「イベントの実施に当たり、だいぶ悩んだが、柏崎を元気にしたいという全国の仲間の支援で開催できた」と述べた。市長は「柏崎にいろいろな人から来ていただくのは大事。義援金は有効に使わせてもらいたい」と感謝した。

(2007/ 9/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。