PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
松波で「復興!ハロウィーン」

 市内松波コミュニティ振興協議会(渡辺義一会長)が七日、「復興!ハロウィーンinまつなみ」を同地区コミセン、周辺の特設会場で開いた。「地震なんかに負けないぞ」を合言葉に、パレードには例年以上の約250人が参加し、地域の“元気”をアピールした。

 ハロウィーンは、キリスト教の万聖節(毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。イベントは2005年度からスタートした地域コミュニティ計画の活動の一環で、地域活性化と交流を目指して始まった。今年は特に中越沖地震から地域が元気を取り戻すことを狙い、スタッフ150人以上が準備を進めた。

 参加者は色とりどりのビニール袋をくりぬき、思い思いに絵を描いたり、カラフルなモールなどを飾り付けたりした。天使や魔女、海賊などに扮し、本格メークの人もいて、奇想天外な仮装でごった返した。春から丹精込めて育てたジャンボカボチャの展示、ハロウィーンの先輩格の長野塩尻市大門商店街の物産ブースなどが盛り上げた。

(2007/10/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。