PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
災害時医療の講演会開かれる

 柏崎市刈羽郡医師会(高桑正道会長)が27日、内藤万砂文・長岡赤十字病院救命救急センター長の講演会を柏崎エネルギーホールで開いた。内藤医師は中越沖地震でDMAT(災害派遣医療チーム)として災害時医療の最前線の立場から語り、「救護活動はスピードが命」と提言。集まった医療関係者、市民ら約100人が豊富な体験に基づく講演を熱心に聴いた。

 講演会は市民から救急医療への関心を高めてもらうことが狙い。内藤医師は日本DMATインストラクターなどの資格を持ち、2004年7月の新潟豪雨災害をはじめとして、今回の震災まで6回の救護活動に携わった。講演では「災害時医療はどう変わってきたか?」をテーマに、災害時に求められた医療、災害に向けた取り組みを語った。

 この中で、内藤医師は震災時のDMATの活動について災害拠点病院である刈羽郡病院でのトリアージと診療支援、救出現場への出動、「医療の窓口」の立ち上げとサポート、避難所での救援活動などを挙げ、「DMATの本来業務はもちろん、医療救護全般の初動にも大きく貢献した」と評価。

(2007/10/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。