PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
雪シンポで「大地震に今後も備え」大切さを強調

 地震と雪をテーマにした「柏崎雪シンポジウム」(日本雪工学会上信越支部、市主催)が20日、市内高柳町の県立こども自然王国などで行われた。基調講演をした地震予知連絡会会長の大竹政和・東北大名誉教授は、今後も県内などで大地震が発生する可能性があることを指摘し、事前の備えの大切さを強調した。

 シンポジウムのテーマは「災害を克服して、みんながめざす安全なまち柏崎」。行政、学会、業界、市民など300人以上が参加し、「雪国の地域再生のあり方」「雪と地震に強い家づくり」「雪と地震に強い道路ネットワークとまちづくり」でパネルディスカッションを行った。

(2007/11/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。