PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
地震踏まえ協働のまちづくりを研修

 市が26日、「住民自治と協働のまちづくり」研修会を産文会館で開き、各地区の町内会、コミュニティ関係者ら約200人が集まった。講演、パネル討議を通し、中越沖地震を踏まえた地域活動のあり方を考え、パネリストから「町内会、コミュニティの連携と情報の共有」「顔が見えるネットワークづくり」などが提言された。

 研修会は町内会・コミュニティなど住民が主体となった自治活動を目指すとともに、市などの行政機関、他の団体、NPOなどとの協働の推進を狙った。初めに日本NPOセンターの田尻佳史事務局長が「ともに築く自立した地域社会〜災害に負けない地域活動・市民活動〜」をテーマに語った。

 田尻事務局長はこれまでの災害の教訓を踏まえ、災害救援・復興活動が国・自治体、市民・自治組織などで変化していると指摘。「平時のネットワークが災害時に生きる」として、「日ごろの顔のつながりが大きな味方」「枠にとらわれない活動への日ごろの取り組みが災害時に役立つ」などと助言した。

(2007/11/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。