PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
あきんど協クーポン事業の参加増える

 柏崎あきんど協議会(遠藤邦彦会長)はこのほど、4年目となる「元気はなまるクーポン」事業の参加店募集を締め切り、112店の応募が寄せられた。

 事業ではチラシに付いたクーポン券を切り離して参加店で飲食、買い物、利用に使うと、割引などの各種サービスを提供する。期間は2月9日から3月16日まで。新規の参加が増え、全体で昨年より23店増えた。参加店で使える特製商品券が抽選で当たるスタンプラリーは総額50万円にアップする。

 チラシは新聞折り込みのほか、各種施設などに配布する。事務局の柏崎商工会議所では「4年目を迎え、認知度が上がってきた。各店の創意工夫で特典を考えている」と話している。

(2008/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。