PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
各地で小正月の「さいの神」

 小正月の行事「さいの神」が13日、市内各所で行われ、縁起物の火が威勢よく燃えた。このうち、市内の安田・中道地区では行事が復活して今年で27年。中越沖地震からの復興に向け、燃える火に大勢の人が願いを託した。

 同地区では1982年、旧小国町出身で同地区に移り住んだ人の提唱で、「さいの神」の行事を復活させた。現在は有志でつくる保存会(中村栄一郎代表)が町内住民の新年の初顔合わせ、健康息災を喜び合う場として取り組んでいる。昨年暮れまでにカヤ刈りを行い、準備を進めた。

 今年も約30人の保存会員が子どもたちと一緒に前日にわらで「道楽神」を作ったり、縄をなったりした。13日は朝から高さ約15メートルの縁起物を組み立てた。午前10時過ぎ、復興を祈願し、「道楽神」に向かって2礼2拍手1礼を行い、ホラ貝の音とともに点火させた。

(2008/ 1/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。