PHOTOニュース

観測井(左)の周辺に敷設した光ファイバーケーブルの近くで衝撃を与えるDAS計測実験=新潟工科大 (2022/08/05)


177点が出品された原爆ぬり絵展。前日の展示準備作業=ソフィアセン ター (2022/08/04)


国内外の作家作品が並ぶ「絵本蔵 松涛」=市内学校町、十三代目長兵衛 (2022/08/02)

>>過去記事一覧
赤れんがの一部保存のみと結論

 市内日石町地内、旧日石加工柏崎工場跡地にあった赤れんが棟(ドラム缶塗装場)の保存運動を進め、取り扱いを検討してきた市民グループ「赤れんが棟を愛する会」有志はこのほど、赤れんがの一部を他の場所に保存するのみとすることを決めた。

 赤れんが棟は県の近代化遺産として、「愛する会」が保存運動を進め、所有者の新日本石油(本社・東京)の理解を得て、解体が延期された経緯がある。しかし、中越沖地震で倒壊したため、「愛する会」が今後の方向性をめぐって協議を行った結果、れんが、金具、木材の一部などを保存するのみとし、ほかは解体撤去することにした。

(2008/ 1/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。