PHOTOニュース

壮行会で応援メッセージが書かれた幕を受け取るブルボンKZの平田男子 主将(左)と梅村女子主将=27日、柏崎アクアパーク (2022/09/29)


第2次成人式で元気に万歳三唱をする出席者=28日午前、アルフォーレ大 ホール (2022/09/28)


市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)

>>過去記事一覧
東電の共生事業で刈羽村長、現計画続行の考え

 刈羽村の品田村長は10日、村議会3月定例会の一般質問に答え、中越沖地震後の昨年夏、見直しの可能性に言及していた東京電力柏崎刈羽原発の地域共生事業について現計画で続行の考えを示した。集客性を高めるため、企業化支援とサッカー場を案に取り入れたことを明らかにした。

 共生事業では東電が柏崎刈羽原発の雑固体廃棄物焼却設備の排熱利用を村に提案した。2005年春の検討委員会報告を受け、村が説明会を開き、40人余りが参加を表明。農業生産、加工販売、飲食、集客の4つの事業について部会、代表者会で検討を重ねた。当初、05年度に主体となる村民法人の設立準備を目指したが、法人化には至っていない。村長は昨年8月、「PLANT―5刈羽店」の閉店で計画の見直しを表明したが、11月に参画者らが続行を求めていた。

(2008/ 3/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。