PHOTOニュース

市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)


シンガポール男子代表から水球指導を受ける小中学生=20日、柏崎アクア パーク (2022/09/21)


チャイコフスキーの3大名作を披露する「キエフ・クラシック・バレエ」。平和への祈りを込め、熱演が繰り広げられた=19日、アルフォーレ大ホール (2022/09/20)

>>過去記事一覧
全農バイオエタノール製造へ柏崎農協から熱源のもみ殻

 全国農業協同組合連合会(全農)が新潟市北区で建設を開始した「稲原料バイオエタノール製造プラント」で、熱源として使用するもみ殻ブリケット(圧縮固形化)の製造装置が刈羽村内にある柏崎農協カントリーエレベーターに設置されることになった。

 このプラントは、全農が農水省のバイオ燃料地域利用モデル実証事業に採択され、全農新潟を指定して取り組む。県内八つの農協管内314ヘクタールの水田で栽培する多収穫米「北陸193号」を使用し、年間に1000キロリットルのバイオエタノールを製造。これを混ぜた混合ガソリンを年間3万3000キロリットル製造販売する。稲・米を原料としたバイオエタノールの製造は世界初。プラントは今年12月に完成し、試運転を経て来年2月から本格的な製造に入る。

(2008/ 3/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。