PHOTOニュース

壮行会で応援メッセージが書かれた幕を受け取るブルボンKZの平田男子 主将(左)と梅村女子主将=27日、柏崎アクアパーク (2022/09/29)


第2次成人式で元気に万歳三唱をする出席者=28日午前、アルフォーレ大 ホール (2022/09/28)


市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)

>>過去記事一覧
2月市会が新年度予算案可決

 市議会2月定例会は21日、会期最終日の本会議を開き、2008年度当初予算案13件を原案通り可決した。総額485億7000万円の一般会計は、中越沖地震からの復旧・復興に向けた予算であることから、2年ぶりに全会一致での可決となった。本会議は引き続き、条例改正案や災害公営住宅建設用地取得議案などの採決に入った。

 一般会計当初予算案に対しては野中栄司(平成会)、宮崎孝司(共産党)、池田千賀子(みらい)、梅沢明(整風会)、本間厚幸(民友)の5氏が賛成討論をした。全員が復旧・復興の着実な推進を求める一方で、震災に伴う厳しい財政状況を指摘。特に、07年度の特別交付税が予算額を約17億6000万円下回ったことと、その補てんで財政調整基金が大きく減少することを取り上げ、財政健全化への抜本的な取り組みを相次いで迫った。

(2008/ 3/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。