PHOTOニュース

壮行会で応援メッセージが書かれた幕を受け取るブルボンKZの平田男子 主将(左)と梅村女子主将=27日、柏崎アクアパーク (2022/09/29)


第2次成人式で元気に万歳三唱をする出席者=28日午前、アルフォーレ大 ホール (2022/09/28)


市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)

>>過去記事一覧
かりわ元気まつり!にぎわう

 刈羽村ラピカで23日、中越沖地震からの復興を目指す「かりわ元気まつり!」(かりわ村復興実行委員会主催)が行われ、大勢の人でにぎわった。中越地震の被災地・小千谷市から闘牛2頭も応援に駆け付けた。

 まつりは村民有志の企画、運営。黙とうで始まり、長さ50メートルの太巻き作りに約130人が協力し、すだれを巻いた。大声大会は子どもと大人の3部門で約60人が出場。マイクに向かい、小学生は「お父さん、メタボにならないで」、母親は「朝だよ、起きなさい」と叫んだ。飛び入り参加の落語家・林家たい平さんは「越後生まれのこん平でーす」と一声発し、「笑顔を忘れず、頑張ってほしい。笑いで復興を応援したい」と呼び掛けた。

(2008/ 3/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。