PHOTOニュース

壮行会で応援メッセージが書かれた幕を受け取るブルボンKZの平田男子 主将(左)と梅村女子主将=27日、柏崎アクアパーク (2022/09/29)


第2次成人式で元気に万歳三唱をする出席者=28日午前、アルフォーレ大 ホール (2022/09/28)


市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)

>>過去記事一覧
原子力広報センターの改修終え、4月オープン

 市内荒浜1の柏崎原子力広報センター(愛称・アトミュージアム)の改修工事が終わり、4月1日にオープンする。原子力やエネルギーのことを遊びながら学べるように展示物などを新しくした。

 一階の展示ホールは「アトミューひろば」にリニューアルし、1997年に導入した体験型設備を一部を除いて入れ替えた。新たな展示物として、ペダルをこいで発電する装置や、原子力・火力・水力発電の「ベストミックス」に得点で挑戦するゲーム機などを設置。ホールの約半分は、科学実験・研修用の「アトミューらぼ」に造り替えた。また、エレベーターを新設し、多目的トイレも整備してバリアフリー化を進めた。昨年11月から休館し施工。総事業費約1億3000万円。

(2008/ 3/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。