PHOTOニュース

フラ・タヒチアンダンスなども行われたじょんのび村のイルミネーション 点灯式=3日、市内高柳町高尾 (2022/12/05)


文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた市協議会長の金子正 美さん(右)=1日、市役所 (2022/12/02)


「風流踊」の登録決定を受け、くす玉を割って祝う綾子舞の関係者=30日 午後7時過ぎ、市役所多目的室 (2022/12/01)

>>過去記事一覧
潮風マラソン参加申し込みが過去最多

 5月に実施される柏崎潮風マラソン(同実行委員会主催)の参加申し込みが24日締め切られ、5種目合わせて過去最多の約1880人に上ることが分かった。中越沖地震の影響で開催が危ぶまれたものの、コース沿線地区の理解のもとで「集まれランナー! 元気をありがとう」を合言葉に参加募集を行ったもので、復興へのステップとして弾みがついた。

 潮風マラソンは1986年に市勤労青少年ホームの開館15周年記念事業として始まった。2001年から柏崎の初夏のイベントとしてリニューアル。市民ランナー主役の大会として親しまれ、今年で8回目。

 参加申し込みは市内をはじめ、全国各地からフルが557人、ハーフが534人、ファンラン(7.2キロ)が202人、ウオーク(10キロ)が255人、リレー(8区間、20.8キロ)が50チーム・335人の合計1883人。前回大会(1580人)に比べ、303人多い。

(2008/ 3/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。