PHOTOニュース

フラ・タヒチアンダンスなども行われたじょんのび村のイルミネーション 点灯式=3日、市内高柳町高尾 (2022/12/05)


文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた市協議会長の金子正 美さん(右)=1日、市役所 (2022/12/02)


「風流踊」の登録決定を受け、くす玉を割って祝う綾子舞の関係者=30日 午後7時過ぎ、市役所多目的室 (2022/12/01)

>>過去記事一覧
水球の柏崎アクア中学男子が全国準優勝

 第30回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳大会の水球競技が30日までの5日間、千葉国際水泳場で行われ、B区分(中学男子)で柏崎アクアクラブが準優勝した。

 B区分には22チームが出場し、柏崎は1、2回戦を勝ち上がり、準々決勝で群馬ジュニア水球を8―4、準決勝で明大付属中野中を9―5で下した。決勝は昨夏の覇者・山形水球クラブと対戦。第3ピリオドを2―1で終了し、最終ピリオドで3―1としたが、その後、追い上げられ、残り7秒で3―3の同点。Vゴール方式の延長戦で先に山形に決められた。

 柏崎は昨夏の準々決勝で山形と対戦し、10―13で敗れた。それからは「決勝進出、打倒山形」を合言葉にディフェンス力の強化に取り組んできた。深田悠斗主将(二中3年)は「自分たちの100パーセントの力を出し切った。悔いはない。次はインターハイ、国体で頑張りたい」、岡下敏監督は「これまで練習してきたことが決勝戦で完成した。ディフェンスにミスはなかった」と選手の健闘をたたえた。

(2008/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。