PHOTOニュース

冬季に東京電力柏崎刈羽原発で事故が発生したとの想定で行われた訓練。 荒浜コミセンでは停電を想定し、非常用の照明を使う中で住民の受け付け などの手順を確認した=8日、市内荒浜3 (2023/02/09)


御弓始祭で神矢を放つ三嶋宮司=7日、市内西山町の二田物部神社 (2023/02/08)


工夫された雪合戦でも楽しんだ別俣スノーフェスタ=5日、旧別俣小 グラウンド (2023/02/07)

>>過去記事一覧
米山駅で護岸壁崩れ、列車運休

 2日午前七時ごろ、JR信越線米山駅構内で線路と海の間にある護岸壁が崩れ、使用していない線路の一部が宙づり状態になっているのを停車中の列車の乗務員が発見した。本線への影響回避と応急復旧のため、信越線は午後5時半まで上下線の運転を見合わせ、特急6本、各駅停車21本の計27本が運休し、約4200人に影響が出た。

 現場は米山駅ホームの柿崎側の端に近い場所。JR東日本新潟支社によると、コンクリート製の護岸壁が幅10メートル、高さ6メートルにわたって崩れ、使っていない線路の下の路盤が波でさらわれた。これを受けて、まず海側にある下り線の運行を見合わせたのに続き、仮復旧には上り線側から重機を入れる必要があるため、午後からは上り線も運転を取りやめた。崩れた場所に大型の土のうを積むなどの仮復旧作業を進め、午後5時半ごろに運転を再開した。

(2009/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。