PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
電気自動車モデル地域に柏崎・刈羽

 経済産業省は1日までに、同省が都道府県を対象に募集していた「EV(電気自動車)・pHV(プラグインハイブリッド)タウン」の普及モデル事業実施地域に、本県の提案した「柏崎・刈羽」「佐渡」の2地域を選定した。今回の選定は実施地域としての6県のほか、広域実施地域として東京都と神奈川県、調査地域として3県。

 経産省はモデル地域の指定を契機に、二酸化炭素削減策として電気自動車やプラグインハイブリッドの普及を図っていきたい考え。県は2015年までに県内に2000台程度、2020年には3万5000台程度のEVの普及を目指す。支援事業の具体的メニューはこれからだ。

 選定を受けて、市では今年10月ごろ、電気自動車の製造で先行している三菱自動車工業と富士重工業製の電気自動車あわせて3台を導入する計画。柏崎商工会議所は、これまで電気自動車について勉強を重ねてきた「電気自動車懇談会」を中心にセミナーなどを開いて、基礎知識を産業界に広めていく。商議所は特に市内タクシー会社と連携し、全国に先駆けて電気自動車による観光タクシーの運行を図りたい考え。また、1人乗りの電気自動車を近く市内事業所から商議所が寄贈を受ける予定で、これを市内で利用する計画もある。

(2009/ 4/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。