PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
イルカウオッチング始まる

 今年初めてのイルカウオッチングの遊覧船が4日午前、柏崎港西ふ頭を出航した。乗船客は茨城県から来た親子連れ4人やカナダ人など4組11人。事業を行う佐渡海峡柏崎観光開発実行委員会のスタッフの話では、すでにたくさんのイルカ(カマイルカ)が近海に姿を現しているという。5月下旬までウオッチング事業が続く。

 第一船の出航を前に、関係者が乗船受付場所の柏崎港観光交流センター「夕海」で安全祈願祭を行った。津畑和義実行委員長は「安全第一に船を運航していきたい」とあいさつ。「昨年はイルカとの遭遇率が下がり、約1000人の乗船者数にとどまったが、今年は期待できそう」とした。来賓の市、県、地元観光関係者がそれぞれ、夢のある事業の支援を約束。本年度が県の大観光交流年にあたることから、事業が大きく発展する契機になるという声も聞かれた。

(2009/ 4/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。