PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
木村茶道美術館にぎわう

 市内緑町、松雲山荘内の木村茶道美術館が冬季休館を終わり、今月から再び開館した。5日は早春茶会の会場になり、夕方までに市内外の各地から400人以上が訪れて、春一番のにぎわいを見せた。

 同館は1984年11月、茶道宗匠・故木村重義氏の篤志で全国的にも珍しい茶道専門の美術館として開館した。季節ごとの展示替え、落ち着いた雰囲気で茶席が楽しめることなどから、茶道愛好者をはじめ、たくさんの人たちから親しまれる。

 番神2の岬館とともに、柏崎茶の湯同人会(飯塚宗美代表)の茶会会場になった5日は市内や新潟、上越をはじめ、東京、長野などから和服姿、正装の愛好者らが春まだ浅い松雲山荘内を訪れた。

(2009/ 4/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。