PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
不況で市議会と商議所が意見交換

 昨秋からの急激な不況と雇用悪化を受け、市議会文教経済常任委員会(飯塚寿之委員長)は8日、柏崎商工会議所(松村保雄会頭)との意見交換会を市役所で開いた。

 会は厳しい景況下で各業種の生の声を聞き、支援の課題を考えたいというもの。市議は委員など16人、商議所は部会代表など16人、市は産業振興部の3人が出席。松村会頭は業種、業況の違いによる対応の難しさに触れ、「各業界の活性化に向けて頑張る」と支援を求めた。

 複数の部会は、県内他市では入札で事実上、地元の本社企業を優先しているとし、市中行事への貢献などから「地元業者に発注を」と要望。卸商業は機械油の重要が前年比40%減と工業界の現況にも触れ、「内需主体の産業転換へ元気の出る施策を」と求めた。機械金属工業は総じて操業は週半分程度とし、生産回復への期待を述べた。

 総合建設は公共工事の減少、復旧工事の完了に伴い、「今年は倒産、自主廃業もあり得る」と危機感をにじませた。交通はガソリン価格と大差のない軽油代の負担感を訴え、自動車・トラック販売の落ち込みを述べた。金融は中越沖地震対策特別資金、地域産業活性化資金だけで二年間に八十億円からの利用があったと報告。資金要請は一巡しつつあるとの見方を示し、「事業所に対しては返済方法の組み替えなど、個人には住宅ローンの返済条件変更など、個々の相談に努めている」とした。

(2009/ 4/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。