PHOTOニュース

よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)

>>過去記事一覧
石地地区の史跡などに案内板

 石地地区コミュニティ振興協議会(藤田定次会長)はこのほど、地区の史跡など5カ所に由来などを書いた案内板を設置した。

 設置したのは元日本石油の創始者・内藤久寛の生家「久寛荘」、県指定天然記念物の「椎(しい)の樹そう」、百体の庚申(こうしん)塔をまつった「百庚申」、石井(いわい)神社、御島石部(みしまいそべ)神社。看板は横幅1.2メートル、高さ90センチ。12センチ4方の角材で枠、足を作り、主に幹線道路に面した場所に立てた。

 5カ所は2008年3月、地元有志が編集した冊子「石地地区お宝マップ『輝く地域の宝』」から選んだ。

(2009/ 4/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。