PHOTOニュース

よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)

>>過去記事一覧
ライフセービングクラブが4年ぶり総会

 柏崎ライフセービングクラブ(上森一利会長)は17日、シーユース雷音で総会を開き2009年度の事業計画などを決めた。度重なる震災で総会の開催は4年ぶり。会員と支援者約60人が出席した。

 上森会長は、震災に見舞われながらも市内海水浴場の監視活動をはじめ海の安全思想の普及活動を継続してきたことを報告。「活動をさらに活発にするために支援者の輪を広げていきたい」とあいさつ。続いて池谷薫理事が事業計画や予算案を説明して原案通り承認を得た。

 本年度は市内15の海水浴場の監視活動を7月18日から8月16日まで行うほか、初の試みとなる「柏崎ジュニアライフセーバープログラム」を5月から開始する。このプログラムは小中学生を対象に来年3月まで月1回のペースで実施。すでに18人の参加が決まっている。プログラムを通じてふるさとを愛する子どもたちを育成することが目的だ。また、過去2年間開催してきた「かしわざきジュニアオーシャンキャンプ」を本年度も8月29・30日に行う。

(2009/ 4/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。