PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
高柳の山中集落でスイセンロード

 市内高柳町の国道252号から山中集落に至る道の両側で、スイセンの花が次々と開き始めた。20年前に植えた球根が増えたもので、集落に春の訪れを告げている。

 山中は標高200メートルの斜面にある32世帯の集落で、国道からの標高差は約100メートル。約2キロのつづら折りの道で結ばれている。

 スイセンは20年前、現在、地区自治会長を務める石塚昌雄さん(72)が「雪解けの春1番に咲くスイセンで、集落への道を飾りたい」と夢を描き、道路脇の約100メートルに30―40センチ間隔で球根を植えたのが始まり。翌年、旧高柳町公民館の分館事業となり、数人の仲間と植栽を続けた。球根は購入したものだけでは足りず、毎年、集落内の家々の庭から少しずつ分けてもらったという。このため、数種類のスイセンが交じっている。

 同集落は豪雪地の高柳の中でも雪の多い所。道路脇のスイセンは除雪車に押され、削られてなかなか増えなかったが、植え方を工夫し、根気よく手入れを続けた結果、次々に球根が増えて、花が帯状につながるまでに大きくなった。

(2009/ 4/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。