PHOTOニュース

よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)

>>過去記事一覧
国体賞状、和紙使用拡大アピール

 9月に開幕するトキめき新潟国体の天皇・皇后杯の賞状用紙に、門出和紙など県内5つの紙漉(す)き職人でつくる「越後生紙(きがみ)振興会」(代表=門出和紙・小林康生さん)の和紙が使われることになった。大会では各競技の団体、個人用にたくさんの賞状が必要で、小林さんらは「越後人のもてなしの心を発揮したい」と団体用の賞状用紙でも和紙の使用を希望しており、柏崎・刈羽では「新潟国体に生紙の賞状用紙を送る会」の柏崎刈羽地区会(大矢良太郎会長)を立ち上げて、和紙を使う際の差額分の募金活動を始めた。

 今年1月に振興会を発足させたのは、門出和紙のほかに、小国和紙など長岡市内の2軒と、東蒲原・阿賀町、十日町市の計5軒。天皇・皇后杯用の用紙は、天地34センチ、左右48センチで、裁ち落としをしない「耳付き」と呼ぶもの。県内にこのサイズの紙漉き用具はなく、振興会で特注もした。用紙は予備を含め、約80枚になるという。

 高知県など和紙の産地では、国体の際に出来る限りの賞状を和紙で製作しており、小林さんらも「自腹を切ってでも」と意気込む。競技別の賞状用紙は基本的に県でまかなうが、用紙の選択などは開催自治体の裁量に任されており、小林さんらは「多くの自治体で使ってもらえたら」と願いを込める。団体表彰分で各自治体に採用されると、予備を含めて約1000枚に。和紙は割高となるため、振興会の熱意に支援の輪も広がり始めている。

(2009/ 4/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。