PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
趣向凝らし綾子舞特別公演

 綾子舞関係者と支援者の仲をより緊密にしたいと、市綾子舞後援会(植木康之会長)は25日、市綾子舞保存振興会の協力による特別公演会を産文会館で開いた。後援会員を対象とした初めての試みで、当日の会員登録者も含めて約250人が高原田と下野の両座元による囃子(はやし)舞や小歌踊、狂言の5演目を楽しんだ。

 冒頭で植木会長は「今日は綾子舞の神髄を堪能してほしい」とあいさつ。来賓を代表して会田市長が「公演を契機にさらに会員の輪を広げてほしい」と激励した。幕あいには下野保存会最長老の布施富治さん(88)らが司会者のインタビューを受ける場面も。布施さんは「地域では長男が綾子舞を引き継ぐしきたりだったが、三男坊の私は戦争の影響でこの道に入った」と回想。「昔は回り番で地域の家を借りて練習したもので、家に帰っても風呂の中で踊っていた」と苦労話も披露した。

(2009/ 4/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。