PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
まちのジオラマに鉄道模型

 NPO全国防災・災害支援ネットワーク(全防災、羽鳥大成代表)は、「柏崎鉄道模型を楽しむ会」(隅田雅寛会長)の協力で29日から5月6日まで、ニコニコ通り商店街の空き店舗で、市内中心部のジオラマ(立体模型)に鉄道模型列車を走らせる催し「柏崎の未来、現在、むかし」を開く。中越沖地震からの復興祈念と、商店街活性化のためのイベントだ。

 ジオラマはすべて手作りで、6人のスタッフが今月1日から製作に入り、夜遅くまでかかって数多くの建物などを完成させていった。広さは8畳。柏崎鉄道模型を楽しむ会のジオラマでは過去最大。昭和時代のレトロ調の商店街を再現する一方で、ミニ新幹線を先取りして、新幹線を周囲に走らせる。全防災の羽鳥代表は「模型を使って柏崎の昔と現在、未来を表した」と話している。列車走行は午前9時から午後5時まで。来場者による操縦も可能。5月5日にはベイゴマなど昔の遊びを楽しむ会も行う。

(2009/ 4/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。