PHOTOニュース

よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)

>>過去記事一覧
高柳の「生紙工房」で短歌を記した書展

 市内漆島、故米山仙治さんと娘婿・光俊さん(70)の短歌を、書家の小林規子さん(66)が読みやすい筆文字で表現した書展が、市内高柳町門出にある高志(こし)の生紙(きがみ)工房(小林康生代表)で開かれている。会期は7月26日まで。

 同工房開設5周年を記念した「きがみ市」に併設しての展示。米山仙治さん(1997年3月に95歳で死去)は農業を営みながら、旧高柳町の町議や農協、森林組合の理事などを務めた。80歳の時、NHKの通信講座で短歌を学び、農村の風景や暮らしをテーマにした数多くの作品をつくり、地元新聞に寄稿。92年には娘婿で短歌に親しむ光俊さんらによって短歌集「柳郷の四季」にまとめられた。

 今回の書展は「厳しく、美しい雪国の風土と、そこで育まれたきれいな人間の心に触れ、魅了された」と、仙治さん、光俊さんの短歌にほれこんだ東京・港区在住で門出和紙の使い手でもある小林規子さんが、2人の作品から100点を選び、誰でも読みやすい文字で書いた。

(2009/ 4/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。