PHOTOニュース

歩行者天国でにぎわう通りで行われた日本海太鼓の演奏=14日、市内東本 町2 (2022/08/16)


花の絵を中心にした加藤さんらの日本画作品展=市内諏訪町、ドナルド・ キーン・センター柏崎 (2022/08/13)


JA柏崎が普及に取り組む極早生米「葉月みのり」の収穫作業=12日、市 内藤井 (2022/08/12)

>>過去記事一覧
中通小児童がマコモタケ植える

 市内矢田の棚田で11日、中通小(矢嶋繁子校長)の3・4年生24人がマコモタケの田植え作業を行い、秋の収穫と試食を楽しみにした。

 マコモタケはイネ科の多年草・マコモの花芽が黒穂菌と共生して肥大化したもの。シャキシャキとした食感で、どんな料理でもおいしく食べられることから、近年、全国的に人気が高まっている。市内矢田でも農事組合法人・矢田営農組合(石黒芳和代表・組合員40人)が栽培を手がけ、3年目の今年は40アールで生産する。

 昨年、同校の現在の4年生が、総合的な学習で中通地区のいろいろなことを探索。多くの児童がマコモタケのことを初めて知り、「食べてみたい」「どうやって育てるの」という声が高まり、学校と営農組合が協力して、この日の田植えになった。面積は約5.8アール。児童たちは田んぼに一列に並び、約30センチの苗を1、2本ずつ、前後左右に約1メートルの間隔を空けながら植えた。植えた直後はまばらな感じだが、マコモタケは株分けの力が強く、背丈は約2メートルで、水田にびっしりと広がっていく。

(2009/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。