PHOTOニュース

在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)


槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)

>>過去記事一覧
刈羽村共生事業に新大が農業研究で参画

 刈羽村は28日、東京電力との地域共生事業で、村と包括的連携協定を結ぶ新潟大が農業研究開発で参画を決めたと、村議会の共生事業調査特別委員会に報告した。

 共生事業は東電の寄付で、村が用地を買収し、果樹園芸施設、人工芝公認サッカー場、宿泊交流センター、スイーツショップ・喫茶などを整備する。民営で2011年4月開業を目指す。用地は柏崎刈羽原発進入路近くの松林約7.2ヘクタールとされたが、複合施設で公共性を加味し必要な森林を残すため約1ヘクタールの追加買収が必要となった。

 新大は村との協定に基づき、農学部から出された事業参画の申し出を4月に学内で承認し、5月に事業提案書を村に提出した。施設は「新潟大学・刈羽村農業バイオ研究センター」。日照時間の調整で農作物の生育環境を人工的に作り出す温室2棟計300平方メートル、バイオ実験棟約290平方メートルを村が整備する。新大は内部の研究備品、運営費を負担し、高温耐性品種の稲や有用土壌微生物の開発などに取り組む。

(2009/ 5/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。