PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
FMピッカラが中継局設置へ

 柏崎コミュニティ放送(FMピッカラ、大矢良太郎社長)は2009年度内に市内西山、高柳の両地域に中継局を設置することを決めた。このほど開かれた同社の定期総会で明らかにした。県復興基金の助成を得て行う。信越総合通信局の認可を得て設置し、早ければ今秋にも放送を開始する予定だ。

 柏崎市は市町合併により地域が拡大。それに伴い放送エリアの拡大が同社の最大課題となっていた。中越沖地震の発生時には西山地域をカバーするため、中継局を同エリア内に臨時に設置して災害放送を実施した。県の助成はこの実績が認められたもの。中継局1基について最大1000万円が復興基金から助成される。

 中継局の設置予定場所は西山地区が西山町池浦の西山町事務所、高柳地区は高柳スキー場ロッジ。送信出力は本局と同じ10ワット。当初案では難聴地域解消のために市内に4基の中継局の設置を計画してきたが、回線使用などの経費負担から重要度の高い西山、高柳の2地区にしぼった。

(2009/ 5/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。