PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
トークやクイズで国体機運盛り上げ

 市観光レク公社などが3日、トキめき新潟国体応援「がんばれ!新潟県」を産文文化ホールで開いた。約300人が集まり、トークやクイズで間近に迫った国体成功への機運を盛り上げた。

 開会のあいさつで会田市長は「県チームの応援はもちろん、国体は中越沖地震の時にいただいた全国からの支援への感謝の気持ちを伝える機会。復興に向かって頑張っている柏崎の姿を見てもらえる場にしたい」と呼び掛けた。 

 トークでは、本県出身の水泳銀メダリスト・中村真衣さんが「夢は生きるパワーの源」のテーマで、4歳から始めた水泳人生を語った。栄光の記録の裏にあった挫折、苦難などを話し、「私は水泳があったおかげで頑張ってこれた。国体選手たちに温かい応援を送ってほしい」と呼び掛けた。選手時代に大切にしていた言葉「どん底からはい上がれ!」を聴衆に贈った。

 また、柏崎市が開催地となる水球の日本人初のプロ選手・青柳勧さんが競技の歴史、ルールなどを説明。モンテネグロのチームで活躍した青柳さんは「水球は海外ではメジャースポーツ。選手は新聞の表紙、コマーシャルにも登場するほど」と述べ、体力、技術、戦術が合わさった水球の魅力を紹介。10月から新潟産大への勤務を披露し、会場を沸かせた。

(2009/ 9/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。