PHOTOニュース

五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)


かれんな花と爽やかな緑で楽しませた「山野草展」=21日、中央地区コミセン (2022/05/23)

>>過去記事一覧
北条で災害時の学校・地域連携へ訓練

 災害時の学校と地域の連携を深めようと、北条地区災害対策防災本部(江尻東磨本部長)と北条北小(石塚康也校長、児童数33人)、北条南小(斎喜和彦校長、児童数102人)の合同避難訓練が4日、避難所指定の北条中などで実施され、学校から地域への児童の引き渡しが行われた。

 今年春から北小の児童が南小の校舎で学習するようになり、通学距離が長くなるなど地域の様子も変わったことから、コミュニティ内の防災本部が訓練を企画した。

 授業時間帯に大きな地震が発生したという想定で、学校ではまずグラウンドに児童が避難。点呼の結果、児童1人が校舎内に残っているとして、先生2人がチームをつくって捜索し、発見するという緊張した場面を設定。学校と本部、町内と本部は携帯無線で連絡をとった。

 児童は避難所の北条中に移動。昼間の時間帯で地域に戻れない保護者が多いため、避難所では各町内会ごとに分かれ、先生と町内会長が一緒に人数を確認して児童を引き渡し、町内会単位で安全を確保しながら保護者の到着を待った。

(2009/ 9/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。