PHOTOニュース

五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)


かれんな花と爽やかな緑で楽しませた「山野草展」=21日、中央地区コミセン (2022/05/23)

>>過去記事一覧
市が電気自動車普及条例案を12月に

 市議会9月定例会で7日行われた一般質問の答弁で会田市長は、今年12月定例会に「市電気自動車等の普及の促進に関する条例」制定案を提出することを明らかにした。午前に砂塚定広氏(自治研究会)が地場産業の将来ビジョンなどをただしたことに対し言及した。

 柏崎刈羽は国の「EV(電気自動車)・pHV(プラグインハイブリッド)タウン構想」のモデル地域に指定されるなど制度支援が行われ、地球温暖化対策や産業活性化に向けて官民で電気自動車の導入や研究が始まっている。答弁で市長は、当面は行政や商工会議所、メーカーなどでつくる県の推進協議会が策定したアクションプランに沿って電気自動車普及に取り組むと述べ、県議会9月定例会に提案されている「県電気自動車等の普及の促進に関する条例」案を参考に市条例の準備を進めていると説明した。

(2009/ 9/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。